ジャニーズ画像・動画集

ジャニーズのメンバーの画像や動画、ニュース、プロフィールなど

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに薔薇のない花屋が最終回を迎えました。みんないい人になって終わりました。

では。行きます


汐見英治(香取慎吾)は雫(八木優希)に自分が本当の父親じゃないことを告げる。
それを見た神山舜(玉山鉄二)は、病院に戻り、白戸美桜(竹内結子)の父(尾藤
イサオ)の手術に参加する。一時は心臓停止に陥り、舜が美桜を手術室に入れ
お父さんを呼び戻せと指示する。その成果もあり美桜の父の手術は成功する。

手術後、舜は美桜に、英治が雫に真実を告げることと引き換えに病院に戻ったことを
告白する。父が無事退院して、美桜は英治の前から姿を消す。

雫は自分が英治の子供ではないと知っても、以前と変わりなく「父ちゃん」と慕って
くれた。

安西院長は、英治に謝罪し、花屋の再開の資金をだすことと、雫を英治の元に戻したい
というが、英治はそれを断る。英治は花屋再開の資金を舜に借りて、薔薇のある
花屋を再開する。その薔薇の仕入れ先が実は姿を消した美桜と父がやっていた
バラ園だった。

それに気づいた英治は、美桜を迎えに行く。
「あなたを愛している」と。そして英治と美桜はハッピーエンド。
英治の誕生日を祝う会にみんなが集まり、幸せをかみしめて泣く英治。
菱田(池内淳子)は美桜が英治の元に来たかわりにバラ園に行くことになる。
そしてある日、英治と美桜の前に、以前親の虐待から助けて施設に預けていた
少年(広田省吾(今井悠貴)だと思う)が現れる。「よく来たね。」と迎え入れる英治・・・

終わりー。

喫茶店のマスターと釈由美子は両思いっぽい感じで終わりましたとさ。

このドラマは竹内結子には腹がたったけど、おもしろかったです。


   

スポンサーサイト
テーマ:薔薇のない花屋 - ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。